これまで電気の供給は基本的に地元の電力会社のみに限定されていましたが、2016年度から自分が居住している地域外の電気会社だけでなく、大手ガス会社や携帯電話会社などからも電気を引っ張れるようになり、自身のライフスタイルに最適な料金プランがバイキング感覚で選べるようになりました。

 

つまり、仕事で日中ほとんどいない人が夜間の時間帯メインで電気を使ってもコストで大きく損しないプランや、インターネットや携帯電話をセット契約する事で、1か月の電気料金を効率的に安くできるプランなどが自由に選択できるようになるので、既存の電力会社から他の企業に乗り換えるメリットは大変大きいです。

 

又、電力の自由化では、自分たちが日常生活で使う電気の種類を選択できるのもメリットで、中にはエコを意識した環境を汚さない電力や、地元で作られている再生エネルギー、火力や水力発電など幅広いラインナップから好みで契約可能です。

 

ちなみに電力の自由化にはツタヤや楽天市場などの企業も大変協力的で、大手電力会社の中にはポイントサービスと連携して、電気の消費量に見合った対価分をポイントでキャッシュバックするというお得なキャンペーンも打ち出しています。

 

要するに電気代金をクレジット払いするだけでなく、電気を積極的に利用するごとにザクザクとポイントが貯まる特典が受けられる訳です。

ただ電力の自由化で見落としてはいけない注意点は、定められた契約期間中は他社への乗り換えは一切できないという事です。

 

後にプラン内容が魅力的な電気会社が見つかったとしても途中解約はタブーですから、新しい電力会社に乗り換えを検討する時は、くれぐれも各企業の特長の比較と研究はしっかりし、却って料金が高くなってしまったという間違いの選択をしないようにしましょう。

 

インターネット上には、電力自由化に参入している多くの企業の料金表を比較できる無料の見積もりサイトもあるので、先ずは必ず診断を受けてみるのがお勧めです。