皆さんはライトコインをご存知でしょうか。

ライトコインは2011年に公開された仮想通貨・暗号通貨のことです。

 

仮想通貨ではビットコインが著名ですが、このライトコインも基本的な仕組みはビットコインと似ています。

ただ明確にビットコインと異なる部分も存在し、むしろ仮想通貨ではビットコインを上回る可能性を秘めているのです。

そんなライトコインの知られざる魅力について考えてみます。

 

まずライトコインの特徴としては、仮想通貨としてかなり流通性が高いことが挙げられます。

どういうことかというと、ラットコインの発行枚数は約8400万枚でビットコインの約2100万枚の約4倍の発行量を持っているため流通性が高く一般の人でも利用しやすい面があるのです。

 

また限りなく決済速度が速い事でも知られ、ビットコインが決済に10分程度かかるのに対してライトコインは2分程度で決済が可能となっているのです。

仮想通貨の難点である決済の遅さをカバーしている通貨なのです。

 

ライトコインのメリットは投資が行いやすいことがまず挙げられます。

ビットコインは値段が高騰しすぎて一般投資家では手が届かないものとなっています。

 

ライトコインの場合は発行量が多いため、値段もそこまで高騰しておらず一般人でも投資可能です。

 

また仮想通貨を採掘しやすいことも大きなメリットと言えます。

ビットコインではスーパーコンピュータしか採掘やマイニングできませんでしたが、ライトコインは一般コンピュータでも採掘できるように設定されているのです。

 

ライトコインのデメリットは知名度の低さです。

まだ個人投資家の間でも名が浸透していないため、時価総額がビットコインに比べ低いのです。

 

大口投資家が買いに出れば値段が急騰し売りに出れば急落するという、個人投資家が翻弄されてしまう可能性があります。

 

ただライトコインは発行量や決済スピードなどビットコインを大きく上回る性能を持っているため、今後個人投資家や一般個人まで名前が浸透すれば一気にビットコインを上回る可能性を秘めている仮想通貨といえるのです。