イーサリアムは、ビットコインを筆頭にした仮想通貨系プロジェクトの中では若く、依然として後続のポジションにある存在です。

それでもその先人を超える、次世代の新しい力が注目され、現在ではビットコインの直ぐ後ろまで迫る躍進ぶりをみせるまでになりました。

 

イーサリアムのメリットは、ビットコインを上回る管理の体制にあります。

仮想空間での通貨を利用した契約に加え、条件の設定やその履行までもを徹底して管理するイーサリアムの姿勢は、インターネット上での専用通貨の行き来を透明化し、多種多様なサービスとの結びつきを確かにします。

 

仮想の通貨というだけに、いまだ曖昧な定義の中にあるそれに、各方面からの確かな価値を付属させ、用途を更に広げていける可能性がイーサリアムの中には眠っているのです。

 

対してイーサリアムのデメリットとしては、サービスが持つ可能性を広げるまでには足りない、世間一般での認知度の低さが挙げられます。

イーサリアムが通貨として優れた付加価値を持っていたとしても、それを知る人が少なく、限られた人しか使用しないのでは、その世界を広げることができません。

 

通貨を保管しておくウォレットや、動向を見るチャートが未だ未成熟である所にも、イーサリアムの若さゆえの至らなさは見受けられます。

 

イーサリアムがもっと大きな規模で活動できるようになった時、私たちはその真の優秀さを知ることになるでしょう。

将来やってくるその瞬間のために、今の内からサービスの内容を知っておき、投資をしてみるのも悪い話ではありません。