denkijiyuu4

【2017年現在】そこまで安くなっていないのが現状です

2016年4月から、電力自由化が始まりました。

今までは、関東であれば東京電力、関西であれば関西電力といった具合に、電力会社が地域を独占しており、競争が働きにくい環境だったため、電気料金も値下がりしにくい状況が続いていました。

 

しかし、今までの事例から明らかなように、電電公社がNTTに、国鉄がJRに分割民営化して成功した事例を参考に、独占環境を改め、一定の基準を満たした企業であれば、家庭向けに電力を供給できるようになりました(企業向けには既に電力は自由化されています)。

 

また、電気を送る送電網は、従来の電力会社に使用料を支払い、そのまま利用するため、新規参入の電力会社に変更したからといって、リスクが増えるということはありません。

 

これらの規制緩和によって、東京ガスや大阪ガスが電力を供給するという、従来では考えられなかった事が起こったり、通信会社であるauやソフトバンク、その他にはENEOSや昭和シェル石油が電力を供給しています。

 

ただ、これらの企業が本当に電気料金を東京電力や関西電力よりも大幅に値下げするには、規模の利益すわなち供給先がさらに増えなければならず、現在はそこまで至っていないというのが現状です。

 

そのため、新規参入の電力会社は、電気とガスのセット割引を提供したり、通信会社も電話料金と電気をまとめるとお得にするなど、まずは申し込んだお客様を、囲い込むことで供給先の増加を目指しています。

 

現状では、電力会社を脅かすほどには成長していない新規電力会社ですが、5年後、10年後には勢力図が変わっているかもしれません。

【今の実情】電力自由化で本当に電気代は安くなるのか?

昨年(2016年)から始まった電力自由化によって、従来は住んでいる地域によって契約できる電気会社がほぼ決められていましたが、その枠が自由化されて、その地域まで提供を行える全ての電力会社から好きな会社と契約できるようになりました。

 

これによって、電力会社によって電気料金は一定ではないので、契約先の電力会社を変えると今までより電気代が安くなるかも知れないという触れ込みですが、ただ変えただけで安くなるというケースは少ないのが現実です。

 

それは、今までより電気代を安くするには、電力の契約と併せた別の契約が必要になる場合が多いからです。

例えばガスの契約もその会社と行うことが条件の場合や、スマホと併せた契約になるような場合もあります。

 

また、電力会社によってはその会社のグループ企業が発行しているクレジットカードで支払いを行うのが条件のこともあり、単純に電力会社を変えただけで安くなることはまずないのです。

 

実際のところ、この電力自由化制度が始まってから従来の電力会社から乗り換えたという世帯は5%にも満たないのが実情です。

 

うまく条件となる別の契約と併せることができればお得になるのは間違いありませんが、その為にはその条件となるガス会社などとの契約も一緒に変える必要があるので、難しいことも多いのです。

 

また、電力に使用量にもよりますが、安くなるとは言っても1ヶ月単位にして数十円程度のことも多く、乗り換えたメリットがそれほど高くはないことも挙げられます。

 

このようなことから、この電力自由化による電力会社の乗り換えはあまり盛んではないのが2017年現在の実情です。

 

興味はあっても、とりあえず様子見という家庭が多いですね。

 

乗り換えを検討する場合、どのようなセット契約が必要になるのかをきちんと確認し、更にこれまでの電力の使用量から、どれくらい今までより得になるのかをシミュレートしてもらった上で判断することが大事だと言えるでしょう。

【実践編】電気の使い方に合わせて料金プランを選ぶこと

電気の小売り自由化が始まり、数多くの会社が参入してきています。

電気とは全く関係ないような会社なども多く参入しています。

 

選択肢もかなり幅広いだけに、どこと契約したらお得なのか?いくら安くなるのか?など、わからないことも多いことでしょう。

 

地域や電気の使用量、使用状況などにもよりますが、新電力に乗り換えることでだいたい5%程の値下げが期待できます。

セット割やポイントも含めると場合によっては、10%ほど安くなることもあります。

 

電気はこれからずっと使い続けていくものですので、電力自由化となった今、必ず1度は料金プランを見直すようにしましょう。

 

例えば、4人世帯で年間電気料金が15万円ぐらいかかっていた場合どれぐらい安くなるかシュミレーションしてみましょう。

これまで契約していた東京電力からENEOSでんきに乗り換えると、1万2千円弱安くなります。

 

月だと千円ぐらい安くなる計算です。

これはかなり大きな値引きと言えます。

 

地域や電気の使用量によっては、もっと安くなるケースもあります。

まずはシュミレーションしてみて、目で数字が見えるようにして確認するのがオススメです。

 

ただ乗り換える際には注意も必要です。

必ずしも新電力に乗り換えても安くならないこともあるからです。

 

元々それほど電気を使っていない家庭の場合、それほど料金が安くならない可能性があります。

それどころか、逆に新電力に乗り換えることによって料金が高くなる場合もありえます。

 

特に、使用量の少ない1人世帯の場合やオール電化住宅に住んでいる場合などで高くなることが多いです。

 

とは言え、HTBエナジーのように、使用量に関係なく5%割引となるプランを用意しているところもあります。

 

使用量が少ない場合はこういった電力会社を選ぶのがいいでしょう。

電気の使用量などに合せたプラン選びが大切です。

電力会社を切り替えると得られるメリットは何か?

電力自由化がスタートして一般家庭も電力会社を自由に選択する事が出来るようになりました。

最近ではいろいろな企業が電力事業が参入しているので自分に適している企業を選ぶ必要があります。

 

そこで電力会社を切り替えるとどのようなメリットが得られるのか見ていく事にしましょう。

 

① 月々の電気料金を安く抑える事が出来る

新しく電力事業に参入してきた電力会社は大手電力会社の料金プランより料金単価を約3〜5%下げてきているので月額料金も安くなります。

月々で約500円安くなるので年間で約6000円の節電をする事が出来ます。

 

新しく電力事業に参入してきた電力会社の電力の供給もしっかりしているので日常生活の中で支障が出る事はほとんどありません。

 

② セット割が適用されるとさらに安くなる

新しく電力事業に参入してきた電力会社には大手携帯電話会社のソフトバンクとauがあります。

ソフトバンクかauと契約をしてスマートフォンや光回線を利用している場合はチャンスです。

 

電気もソフトバンクでんきか、auでんきと契約する事でセット割が適用となります。

 

セット割が適用されると月々で約1500円安くなるので年間で約18000円の節電をする事が出来ます。

ソフトバンクかauと契約をしてスマートフォンや光回線をしている場合は電気も契約してセット割を利用してみるといいでしょう。

 

③ ポイントが貯まりやすい

新しく電力事業に参入してきた電力会社はポイントサービスを提供している事が多いので電気料金を支払うとポイントが貯まります。

貯まったポイントなど日常生活の中で使用する事が出来るので経済的にメリットになります。

【auでんき体験レポート】auでんきアプリは便利です

t.yさん 30代後半女性 (福岡県在住)

私の家庭で九州電力から、auでんきに切り替えて数か月たちます。

 

申込は電話で九州電力の検針票をもって番号を伝えるだけで簡単にできました。

キャッシュバックをauWALLETに入れてもらうことになるのでauWALLETプリペイドカードを新規で作りました。

 

カード自体はクレジットカードが使えるお店ならほぼ使えるとのことで便利です。

申込から数日後、工事に来られましたが作業をする方も感じが良かったですし、工事の時間も数十分で終わりました。

 

玄関の近くについているメーターだけを交換する作業なので家の中に入られることはなかったです。

 

au WALLETへのキャッシュバックが毎月何百円かずつですが勝手にたまっているのでたまに見ると結構な金額になっていて地味にうれしいです。

キャッシュバックの分も考えれば九州電力の時よりかは安くなっている気がします。

 

あと節電するようになったからか、例年はエアコンをがんがん使う冬には請求を見て飛び上がっていたのですが、切り替えてからはまぁこんなもんだよねという感じの料金に落ち着いています。

 

auでんきに加入するとアプリを使えるようになります。

最初はアプリを使っていなかったのですが、一日の使った電力が棒グラフで時間ごとに表示されたり、常用電気が一般家庭の平均と比べて多いとか少ないなどの節電アドバイスが表示されるので便利です。

 

大体2日くらいで更新されるのでエアコンをつけた時間なども確認しながら一日の電気料金の違いを見ることができて自然と節電を心がけるようになりました。

アプリは日ごと、週ごと、月ごとでも比較ができるので使用電力が分かりやすいですし結果は、替えてよかったと感じています。

 

さらに詳しく解説していきましょう。

続きは、【電力自由化で電気料金は安くなりますか?】 をご覧ください。